-高血圧の原因と対策

2009年7月アーカイブ

高血圧を防ぐには、何よりも健康的な生活に注意する事です。

高血圧の原因はさまざまで、原因がはっきりしないケースが全体の9割を超えるとも言われています。しかも、高血圧には自覚症状がないケースも多く、健康に気を配っていてもいつの間にか高血圧を発症して、治療に苦労する方は少なくありません。その為、高血圧の予防には栄養バランスの取れた食事をして、適度な運動を行い、ストレスや急な温度変化にも注意し、定期的に健康診断を受けていく事に留意しなければならないようです。

高血圧を防ぐのに効果的なのが塩分を減らす事とされます。塩分は血圧を上げてしまうので、料理のメニューでは薄味の物を用意し、おだしや香りのある食材、香辛料で塩を減らす工夫をすると良いでしょう。

高血圧の方は飲酒にも気を付けねばなりませんが、ストレス解消の意味でも適量ならば問題はないとされます。そして、運動は健康には欠かせないものですね。高血圧は肥満とも関係が深く、動脈硬化を招くコレステロールを体の中に溜め込まない意味でも運動は大切です。

寒さも血圧を上げますから、温度差が無いように高血圧の方は寒い部屋などに行く時は充分暖めてから入り、熱い湯に長時間入浴するのも血管に負担を掛けるので避けた方が賢明です。

高血圧は重篤な合併症を引き起こす病気です。しかし、耳にする機会が余りに多いせいか、血圧が上がる原因や症状、どんな影響があるのかなどについて案外詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

日本人には高血圧になる方が特に多く、全国に700万人以上の高血圧患者がいるとされているのも少なからず影響があり、また、自覚症状がない事も受診する意欲を薄れさせ、結果、進行してから高血圧である事が分かったという方もいます。高血圧は症状が軽ければ、心掛けしだいで充分完治する事が可能な病気ですし、レベルが進んでいても、適切な治療と健康的な生活で上手にコントロールすることも出来ます。よくある病気だからと軽く考えずに、きちんと理解することが大切なのです。

最近、メタボリックシンドロームが話題を呼んだことによって、高血圧チェックや血糖値、コレステロール値などへ注目も高まり、同時に健康への関心が強まる傾向にあるようです。誰でも簡単に測定できる血圧測定機器や体脂肪計付き体重計、また、日常的に運動を行う為の家庭用ダイエット器具の販売数も上昇し続けています。

これもひとえに人々の健康志向が高まっている事を指し、高血圧の方は血圧を測る事で自分でもチェックがしやすいので、健康を保つ指針とするためにも、こまめに測定と定期的に検診を受けるなど、早めの対策が重要です。

 

 初めてのゴルフクラブセット購入  初めてのゴルフクラブ選び

高血圧の原因

| コメント(0) | トラックバック(0)

高血圧の原因にはいくつか挙げられます。しかし、はっきりした原因が分かるのは、高血圧患者全体の1割程度とされ、多くの方は原因不明とされます。

高血圧が発症する要因には、元々血圧が上がりやすいなどの遺伝的な要素と、食事や運動不足、ストレスなど後天的な要素が互いに絡み合う事とされ、明確な理由がつけにくいようです。原因不明の高血圧は本態性高血圧と呼ばれ、高血圧に罹る方の9割がこのタイプですが、遺伝的な要素に注目すると、両親が2人とも高血圧の場合は子供は1/2、片方の親のみ高血圧なら1/3の確立で発症するとされています。両親のどちらも平常の血圧ならば、高血圧になる確立は1/20ですから、いかに遺伝的要素が深い関係を持つか分かるでしょう。

しかし、遺伝的に高血圧になりやすくても、発症には食生活や運動の面からも大きな影響があります。高血圧は日本人に多いとされていますが、それは塩分にも関わりがあります。日本人の食事には塩分が多く含まれる物が登場し、梅干やお漬物、干物などは大昔から食卓に登ってきましたし、最近は加工食品や外食化が進んだ事で、食事で取る塩分の高さが心配されています。

それから、高血圧は肥満とも関連が深く、肥満で大きくなった体の隅々にまで血液を行き渡らせるため損増は圧力を上げた結果、血圧も上がってしまうのです。
高血圧の原因は個人差もありますから、先ずは詳しい検査を受け、改善点を探してみると良いでしょう。

 

 カラオケ上達法  初めてのゴルフコース  ペット保険の加入  ペット保険の種類

高血圧の基準

| コメント(0) | トラックバック(0)

高血圧の基準は、収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上を保つ状態だとされます。収縮期血圧とは心臓が縮んで血液が送り出された圧力のことで最高血圧とも言われ、拡張期血圧は拡張時の圧力を指し、健康の為にも血圧チェックは出来るだけ毎日行いたいものです。

高血圧では上記の数値である場合、そう診断されますが、合併症を予防してリスクを抑えるには、正常血圧の収縮期血圧130未満、拡張期血圧85未満により近い、正常高値血圧(収縮期血圧が130~139、または拡張期血圧が85~89)であるのが理想的と考えられているようです。高血圧は心筋梗塞や脳卒中などの合併症を起こしやすく、血圧を下げればリスクをより低くする事が出来ます。

血圧は病院などで測る時と、自宅で測る時では値に違いがあるとされますから、血圧を測るよう指導された時は、必ず条件を同じにして置くのがポイントです。

診察を受ける為に病院で測った場合を外来血圧や随時血圧などと呼び、自宅で測る家庭血圧とでは収縮期血圧が20~30mmHg、拡張期血圧で10mmHgも高くなるようです。よく聞かれる白衣高血圧は、病院の雰囲気などで緊張する為か、自宅で安静時に測った値よりも高くなりやすく、医師の診断の妨げになる事もありますから、やはり毎日の血圧チェックは正しく行うことが大切でしょう。

 

 落体(らくだ)ダイエット  薄毛と育毛  モテるための方法  動脈硬化
カテゴリー
更新履歴
高血圧を防ぐ生活とは(2009年7月22日)
高血圧対策は正しい理解から(2009年7月22日)
高血圧の原因(2009年7月22日)
高血圧の基準(2009年7月22日)
カテゴリー
更新履歴
高血圧を防ぐ生活とは(2009年7月22日)
高血圧対策は正しい理解から(2009年7月22日)
高血圧の原因(2009年7月22日)
高血圧の基準(2009年7月22日)