Top > 高血圧の原因

高血圧の原因

高血圧の原因にはいくつか挙げられます。しかし、はっきりした原因が分かるのは、高血圧患者全体の1割程度とされ、多くの方は原因不明とされます。

高血圧が発症する要因には、元々血圧が上がりやすいなどの遺伝的な要素と、食事や運動不足、ストレスなど後天的な要素が互いに絡み合う事とされ、明確な理由がつけにくいようです。原因不明の高血圧は本態性高血圧と呼ばれ、高血圧に罹る方の9割がこのタイプですが、遺伝的な要素に注目すると、両親が2人とも高血圧の場合は子供は1/2、片方の親のみ高血圧なら1/3の確立で発症するとされています。両親のどちらも平常の血圧ならば、高血圧になる確立は1/20ですから、いかに遺伝的要素が深い関係を持つか分かるでしょう。

しかし、遺伝的に高血圧になりやすくても、発症には食生活や運動の面からも大きな影響があります。高血圧は日本人に多いとされていますが、それは塩分にも関わりがあります。日本人の食事には塩分が多く含まれる物が登場し、梅干やお漬物、干物などは大昔から食卓に登ってきましたし、最近は加工食品や外食化が進んだ事で、食事で取る塩分の高さが心配されています。

それから、高血圧は肥満とも関連が深く、肥満で大きくなった体の隅々にまで血液を行き渡らせるため損増は圧力を上げた結果、血圧も上がってしまうのです。
高血圧の原因は個人差もありますから、先ずは詳しい検査を受け、改善点を探してみると良いでしょう。

 

 カラオケ上達法  初めてのゴルフコース  ペット保険の加入  ペット保険の種類
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
高血圧を防ぐ生活とは(2009年7月22日)
高血圧対策は正しい理解から(2009年7月22日)
高血圧の原因(2009年7月22日)
高血圧の基準(2009年7月22日)