Top > 高血圧の基準

高血圧の基準

高血圧の基準は、収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上を保つ状態だとされます。収縮期血圧とは心臓が縮んで血液が送り出された圧力のことで最高血圧とも言われ、拡張期血圧は拡張時の圧力を指し、健康の為にも血圧チェックは出来るだけ毎日行いたいものです。

高血圧では上記の数値である場合、そう診断されますが、合併症を予防してリスクを抑えるには、正常血圧の収縮期血圧130未満、拡張期血圧85未満により近い、正常高値血圧(収縮期血圧が130~139、または拡張期血圧が85~89)であるのが理想的と考えられているようです。高血圧は心筋梗塞や脳卒中などの合併症を起こしやすく、血圧を下げればリスクをより低くする事が出来ます。

血圧は病院などで測る時と、自宅で測る時では値に違いがあるとされますから、血圧を測るよう指導された時は、必ず条件を同じにして置くのがポイントです。

診察を受ける為に病院で測った場合を外来血圧や随時血圧などと呼び、自宅で測る家庭血圧とでは収縮期血圧が20~30mmHg、拡張期血圧で10mmHgも高くなるようです。よく聞かれる白衣高血圧は、病院の雰囲気などで緊張する為か、自宅で安静時に測った値よりも高くなりやすく、医師の診断の妨げになる事もありますから、やはり毎日の血圧チェックは正しく行うことが大切でしょう。

 

 落体(らくだ)ダイエット  薄毛と育毛  モテるための方法  動脈硬化
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
高血圧を防ぐ生活とは(2009年7月22日)
高血圧対策は正しい理解から(2009年7月22日)
高血圧の原因(2009年7月22日)
高血圧の基準(2009年7月22日)